無理のないエクササイズ「ウォーキング」の魅力!

JouleLifeヘルスコーチの山本奈津子です。


5月も後半に入り、日中は汗ばむ陽気になってきました。ゴールデンウィークも明けて行楽モードは落ち着いてきていますが、梅雨入りをする前にお出かけには最高のシーズンを思いっきり堪能しておきたいですね。


行楽といえば、とにかく歩き回ることが多くなりますが、皆さんは普段、自分がどれくらい歩いているかご存知ですか?厚生労働省によると、平成28年 国民健康・栄養調査では、成人の一日あたりの平均歩数は「成人男性 6,984歩」、「成人女性 6,029歩」という結果になりました。


昨今の健康ブームも相まって、歩数は増加傾向にはありますが、厚生労働省が理想としている一日の目標歩数 1万歩には届いていません。


ダイエットや健康管理に必要なエクササイズは、無理なく少しずつ行えることを続けることが理想です。そこで、お勧めしたいのは、「ウォーキング」。歩くことは、お金がかからず、場所も選ばないで行える最高のエクササイズです!



ウォーキングの習慣化で基礎代謝UP!

ウォーキングは、基礎代謝UPにも効果的。人間は、一日じっとしていても、生命を維持するために一定のエネルギーを消費しています。これが「基礎代謝」です。基礎代謝が高いほど、太りにくい体であるといえます。


基礎代謝は10代をピークに、年齢とともに低下していきます。「20代のころより痩せにくくなった・・。」それは、まさに基礎代謝の低下によるもの。でも、適度な運動を習慣づけることで、基礎代謝を高めることが可能です!


ウォーキングの利点は、なんといっても手軽に行える有酸素運動であること。有酸素運動は、苦しくない程度の強度で呼吸で酸素を取り込みながら、長時間継続して行う運動のことです。取り込んだ酸素によって、糖や脂質をエネルギーとして消費し、効率的に脂肪を燃焼することが出来ます。


本格的な筋肉トレーニングやランニングは、大半の方が続けられずに挫折してしまうことが多いですよね。しかし、ウォーキングは、軽く息がはずむ程度の苦しくないペースでできるため継続しやすいのです。



脂肪燃焼効果を高める歩き方

ダイエットを目的としたウォーキングは、8,000歩~1万歩/日(時間だと30分〜1時間/日)が目安です。軽く息がはずむ程度の苦しくないペースで行います。


姿勢は、背筋はまっすぐ伸ばしお腹を引き締めて、ひざを曲げないように。つま先を上げて、かかとから着地します。普段よりも少し早足で歩きましょう。



JouleLifeアプリでウォーキングを登録!

JouleLifeでは、スマホを持ち歩くだけで「徒歩」アクティビティが自動的に記録されます。しかしこれは、通勤、通学などの日常生活での運動強度を想定したもの。


ダイエットを目的としたウォーキングでは日常生活での徒歩より早歩きの有酸素運動になりますので、その分運動強度は高まり、消費カロリーも増えます。


ウォーキングを行なった場合は、「DASHBOARD」の「+」ボタンをタップして、「スポーツ」カテゴリーから「ウォーキング」を選択して登録するようにしましょう。登録するのは時間だけで大丈夫です。


ウォーキングを登録することで、「ウォーキング中の自動計測の通常徒歩レベルの消費カロリー(緑アイコン)」に加えて、「徒歩の運動強度を超えてさらに燃焼した消費カロリー(赤アイコン)」が計算記録されます。

お気に入りの場所を作る等、自分なりに歩くことを楽し方法を見つけてみましょう!


0コメント

  • 1000 / 1000