雑穀を上手に取り入れてヘルシーに♪


JouleLifeヘルスコーチ、管理栄養士の山本奈津子です。

皆さんは普段から雑穀を食事に取り入れていますか?雑穀と聞くとヘルシーというイメージがあると思いますが、どのように使えばいいかわかりづらいという方も多いのではないでしょうか。

今回は雑穀の種類と効能、手軽な取り入れ方をご紹介します。


*雑穀とは??

一般的に米と小麦を除く穀物の総称です。あわ、ひえ、きび、大麦などは雑穀というイメージが強いですが、蕎麦や玄米も雑穀の仲間に入ります。


<雑穀の種類と栄養>

ひえ

縄文時代から食べられている日本で最も古い雑穀。食物繊維が豊富で腸内環境を整えるほか、鉄分、マグネシウムなどのミネラルも豊富です。



押し麦

大麦を押しつぶしたものが「押し麦」で、大麦より消化によく手軽に食卓に取り入れられます。ビタミンB群、カリウム、カルシウムなどが含まれます。



もちきび

きび団子の原料となる「もちきび」はミネラルやビタミンB群が豊富に含まれています。黄色の成分はポリフェノールで抗酸化作用も期待できます。



アマランサス

栄養豊富なスーパーフードとして注目を集めている雑穀。ビタミンA、C、Eなどの抗酸化力に優れたビタミン、マグネシウムや鉄分などのミネラルも豊富です。



黒米

稲の原種で、古代米の一種。アントシアニンという抗酸化力に優れたポリフェノールが豊富に含まれています。ビタミンB群や、鉄分、亜鉛などのミネラルも豊富です。



<どうやって食べたらいいの?>

上記で紹介した雑穀は、白米に混ぜて炊くのが一番手軽です。白米だけよりも、ミネラルやビタミンB、食物繊維の摂取量が高まり、ダイエットにも効果的です。

1合のお米に大さじ1/2程度を混ぜて炊飯器で普通に炊くだけです。ぜひお試しください!





(※JouleLifeアプリは現在iPhoneのみのご提供となります。)

ヘルスハッカー by JouleLife CLUB

ヘルスハッカーは、JouleLife CLUB(ジュールライフクラブ)が運営する、ライフログデータに基づいた健康増進を応援するメディアです。最新のスマートウォッチや活動量計の使い方に加えて、効果的なダイエットや体質改善トレーニングなどの情報をわかりやすく発信しています。

0コメント

  • 1000 / 1000