収穫の秋!旬の果物は毎日100gを目指しましょう♪


JouleLifeヘルスコーチ、管理栄養士の山本奈津子です。

秋になり、美味しい果物がたくさん出回っていますね。梨、ぶどう、柿、イチジクなど、甘くて美味しい果物が秋にはたくさんあります。

東洋医学では秋は乾燥しやすい季節とされ、乾燥を潤すために、旬の果物は欠かせません


20〜40代は果物を敬遠!?

美味しくて健康にも良いとされている果物ですが、国民栄養調査によると、年々摂取量が減少傾向にあります。年齢が低くなるにつれ、摂取量が減少しており、20~40代は、60代の半分程度の摂取になっています。理由としては価格が高いことや、購入する手間があげられています。

たしかに価格は高くなりますが、糖質と油しか入っていない菓子を買って食べるより、栄養バランスの良い果物を食べる方が、もちろん身体にいいです。


1日100gを目指そう。ただし、食べ過ぎには注意!

厚生労働省は、健康のために1日100g以上の果物の摂取を推奨しています。ただし、野菜と違って食べ過ぎには注意が必要です。果糖の摂りすぎは肥満の原因にもなりますので、100~150gの摂取を目安にしましょう。


★秋の果物の栄養★

●梨
カリウムによる利尿作用や塩分の排出、アスパラギン酸による疲労回復、プロテアーゼによる消化促進など



●ぶどう
ポリフェノールによる抗酸化作用、ブドウ糖による疲労回復や脳の活性化など


●柿
カリウムによる利尿作用や塩分の排出、ビタミンAとビタミンCによる抗酸化作用や風邪予防、タンニンによる解毒作用など



●イチジク
水溶性食物繊維による整腸作用、酵素による消化促進、カリウムによる利尿作用や塩分の排出など

果物は、ビタミンミネラルポリフェノール、そして食物繊維をバランスよく含んでいます。そして、消化を促進する酵素が豊富なのも特徴です。 朝食や食後のデザートに取り入れたり、ドレッシングに刻んで加えるなどお料理にも活用できますよ!

野菜以上に旬の時期しか味わえないものがありますので、今しか食べられない味覚をぜひ味わってくださいね。 





(※JouleLifeアプリは現在iPhoneのみのご提供となります。)

ヘルスハッカー by JouleLife CLUB

ヘルスハッカーは、JouleLife CLUB(ジュールライフクラブ)が運営する、ライフログデータに基づいた健康増進を応援するメディアです。最新のスマートウォッチや活動量計の使い方に加えて、効果的なダイエットや体質改善トレーニングなどの情報をわかりやすく発信しています。

0コメント

  • 1000 / 1000