紫外線のダメージから髪を守ろう


JouleLifeヘルスコーチ、管理栄養士の山本奈津子です。


秋の気配が色濃くなりましたが、まだまだ紫外線には要注意。紫外線でダメージを受けるのは、肌だけでなく、髪もダメージを受けています。また、夏の海水浴などで、髪がパサついたり、色が落ちたりと、髪質の変化を感じている方も多いのではないでしょうか。今回は髪の健康についてです。


髪の健康にも欠かせないたんぱく質

髪の毛は99%がケラチンというたんぱく質で構成されています。たんぱく質が不足することで、髪の毛が細くなったり、枝毛やパサつきなどが起こります。 肉、魚、卵などの動物性たんぱく質をしっかり摂取することが髪の健康を守る基本となります。



頭皮のために脂質も必要

頭皮の血行促進も、健康な髪を作るために大切です。油の不足が頭皮の乾燥や血行不良の原因となります。夏場も油を適量摂取することをお勧めいたします。特に、サンマやマグロ、ウナギなどの魚に多く含まれるDHAやEPAは積極的に摂取したいですね。



抜け毛や白髪が気になる場合

抜け毛や白髪が気になる場合は、細胞を活性化させてくれるビタミンB2や銅、亜鉛などの栄養素が必要です。 ビタミンB2はウナギやレバーなどの多く含まれます。銅や亜鉛は、そら豆や大豆、ナッツ類にも含まれます。 



【髪の健康チェック】 

・髪が細くなりボリュームがなくなったと感じませんか?
・フケが増えていませんか?
・抜け毛が増えていませんか?
・頭皮が油っぽくないですか?
・枝毛や切れ毛が増えていませんか?


髪の状態が気になる方は、シャンプーやトリートメントなどを上質なものに変えたり、美容室でケアするなど、ヘアケアに意識が行ってしまいがちですが、実は食事の内容が原因かもしれません。 この時期は麺類などで食事を済ませることも多くなり、野菜やたんぱく質が不足しやすい季節です。食生活を見直し、たんぱく質や豆類、海藻、野菜を意識して摂取するようにしてみましょう。





(※JouleLifeアプリは現在iPhoneのみのご提供となります。)

ヘルスハッカー by JouleLife CLUB

ヘルスハッカーは、JouleLife CLUB(ジュールライフクラブ)が運営する、ライフログデータに基づいた健康増進を応援するメディアです。最新のスマートウォッチや活動量計の使い方に加えて、効果的なダイエットや体質改善トレーニングなどの情報をわかりやすく発信しています。

0コメント

  • 1000 / 1000