ダイエット中に牛肉はいい?NG?牛肉の栄養と効果

JouleLifeヘルスコーチ、管理栄養士の山本奈津子です。

夏はバーベキューなどで牛肉を食べる機会が多いかもしれません。牛肉はカロリーが高いというイメージがあるかも知れませんが、良質なたんぱく質を含む食材で、ダイエットに効果的な栄養素も含まれており、ヘルシーな部位を選べばダイエット中でも積極的に食べて良い食材です。

とは言っても、せっかくなのでと、美味しい”さし”が入ったお肉を選んでしまったり、焼肉などのひとくちサイズならそんなに変わらないだろうと思って部位を気にせず食べてしまったりするのはNGです。

脂身の多い部位と、赤身の部位だと、カロリーにかなりの差があります。また、同じ部位でも、和牛と輸入牛ではカロリーが違ってきます。カロリーばかり気にするのも良くないですが、ダイエット中はカロリーを少し気にしながらバーベキューや焼肉を楽しみましょう。


バラ肉やサーロインは控えめに

バラ肉やサーロインなどは、

和牛で、100gあたり500kcal前後、

輸入牛で、300~380kcal程度です。


もも肉やかた肉は遠慮なく

脂肪の少ない部位は、もも肉やかた肉などで、

和牛で、100gあたり250kcal前後、

輸入牛で、180kcal程度です。

同じ牛肉でも、和牛のバラ肉と輸入牛のもも肉だと100gあたりのカロリーが300kcal以上違っているなんて驚きですね!


牛肉には脂肪燃焼効果がある栄養素も!

また、牛肉にはカルニチンという脂肪燃焼に効果的な栄養素が含まれています。カルニチンは筋肉に脂質を運び、代謝を促進させて、中性脂肪と脂肪酸を燃焼させる働きがあります。運動前に摂取することで脂肪燃焼効果が高まります。


ダイエット中のバーベキューでは塩分にも注意!

ダイエット中のバーベキューで、カロリー以外で気を付けたいのが「塩分」の摂りすぎ。タレやソースをたっぷりつけて食べていると、塩分の摂りすぎからむくみが発生します。むくみも体重増加の原因となりますので注意しましょう。

フレッシュトマトを刻んで塩を少量加えたソースや、バジルのソースなど、野菜の栄養も一緒に摂取できるソースがおすすめです!

ヘルスハッカー by JouleLife CLUB

ヘルスハッカーは、JouleLife CLUB(ジュールライフクラブ)が運営する、ライフログデータに基づいた健康増進を応援するメディアです。最新のスマートウォッチや活動量計の使い方に加えて、効果的なダイエットや体質改善トレーニングなどの情報をわかりやすく発信しています。

0コメント

  • 1000 / 1000