胃腸に負担の少ない夜食におすすめのメニュー

こんにちは!JouleLifeヘルスコーチ、管理栄養士の山本奈津子です。

残業や部活動でどうしても夕食が遅くなってしまう場合がありますね。ほぼ毎日遅い時間に夕食を食べることが習慣となっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、夜遅い時間に食事をするときに心がけたいことについてお話します。



夜食は熟睡できない原因にも

夜遅い時間に食事をすると胃腸に負担がかかり熟睡ができない場合があります。朝起きてもスッキリしない、目覚めが悪いと感じる方は、寝る前の食事が原因かも知れませんよ。


脂肪燃焼や筋肉生成のためにも熟睡時間の確保

また、脂肪の燃焼や筋肉の生成などが盛んになるのは、22:00~深夜2:00と言われています。この時間帯にできるだけ熟睡できていることが、ダイエットや筋力増強にとっても理想的です。


残業や部活動で夕食が遅くなる人

21:00以降は極力胃腸に負担の少ない食事を心がけましょう。でも、空腹状態が続いた後だと、たくさん食べたくなってしまいますよね。

そこで、可能であれば、部活動の始まる前や、残業中に休憩をとるなどして、おにぎり、サンドイッチ、バナナ、豆腐、ヨーグルトなどを軽く食べるようにしましょう。栄養補給にもなり、遅い時間のドカ食いを防ぐことができます。

そして、帰宅後の食事は、雑炊、おかゆ、野菜スープなどがおすすめです。油っこいものや生ものは消化に負担がかかるので控えめにしましょう。





(※JouleLifeアプリは現在iPhoneのみのご提供となります。)

ヘルスハッカー by JouleLife CLUB

ヘルスハッカーは、JouleLife CLUB(ジュールライフクラブ)が運営する、ライフログデータに基づいた健康増進を応援するメディアです。最新のスマートウォッチや活動量計の使い方に加えて、効果的なダイエットや体質改善トレーニングなどの情報をわかりやすく発信しています。

0コメント

  • 1000 / 1000