JouleLife CLUB

記事一覧(89)

『薬膳』で夏の疲れを癒そう

JouleLifeヘルスコーチ、管理栄養士の山本奈津子です。8月も後半に入りました。夏の疲れが出やすい季節です。栄養学とはまた違った視点で健康を整えることができる東洋医学的な食事『薬膳』の考えをとりいれてみると、改善しなかった不調が改善されるかもしれません。薬膳の思考は中国で生まれたもので、「個人に適した食事の提供」が基本となっています。薬膳に使用する食材は中医学によって分類されています。薬膳と聞くと、独特の香りや味のある食材をイメージされる方が多いと思います。確かにそのような食材は薬効成分が多いこともありますが、薬膳では私たちが日常的に口にしているすべての食材に意味があるとされています。個人の適した食事が基本なので、本来はそれぞれの体質にあった食材や調理法があるのですが、季節の特徴から影響を受けた不調の改善にも薬膳の考え方は役立ちます。夏は、体に熱がこもる季節です。薬膳ではこの季節に心臓機能を高める食材を活かした食事をすると元気に過ごせるとされています。夏の疲れを癒すおすすめの食材をご紹介します。ハト麦むくみや肌荒れ、便秘の解消に効果があるとされる食材で、利尿作用があります。お米にまぜて炊いたり、やわらかく茹でてスープに入れたり、粉末タイプを小麦粉に混ぜてケーキや揚げ物の衣に入れるなどの使用方法があります。ハト麦茶も販売されているので、お茶として摂取するのが手軽でおすすめです。

脱!夏のむくみ

JouleLifeヘルスコーチ、管理栄養士の山本奈津子です。8月、まさに夏真っ盛り! 危険な暑さが続きますが、皆さま体調を崩されてませんか?熱中症対策にはこまめな水分と塩分の補給が欠かせませんが、冷たいものを飲みすぎて、ふと、足を触ってみると、むちむち。毎朝、顔がパンパンにむくんでいる!! ということも...
この時期は、冷たいものの摂りすぎに加え、室内の冷房による冷えで、体がむくみっぱなしという方も多いはず。夏のむくみの原因はカリウム不足?人体は、約60%が水分で構成されています。体内では、ナトリウムとカリウムのバランスによって水分量が調節されています。カリウムは水分を排出させる働きを持っていますが、水に溶けやすいため、汗や尿とともに失われやすく、夏は不足しやすい状態になっています。カリウム不足の状態で水分を取り続ければ、本来排出されるべき水分までが体内に溜まっていきます。これが夏のむくみの原因のひとつといえるでしょう。むくみに有効な栄養素1) カリウムカリウムは、むくみだけでなく、筋肉をサポートする働きがあるため、疲労回復のためにも意識して摂りましょう。海藻、きのこ、ほうれん草や小松菜等の葉物野菜、ナッツ類、大豆やきなこ等の豆類、果物ではバナナやキウイなど、幅広い食材に含まれています。

天然のサプリメント!日本茶パワー

歯のアンチエイジングを食事から

JouleLifeヘルスコーチ、管理栄養士の山本奈津子です。歯の健康は意識されていますか?日本は長寿大国でありながら歯の寿命は短く、70歳で自分の歯は15本以下という方々が多くを占めます。昨今では80歳まで20本以上自分の歯を残そうという「8020(ハチマルニイマル)運動」が提唱されています。「噛んで食べられる」ことの大切さ歯で噛むことは、食べ物を細かく砕くことによって胃腸の負担を減らし消化をスムーズにします。また、よく噛むことで唾液の分泌量が増えます。 唾液は、細菌感染防止、歯の再石灰化等、虫歯や歯周病を防ぐ働きがあります。また、噛むことで脳の働きが活性化することにより、認知症予防にも有効であることが分かっています。もちろん、ダイエットを難しくする早食い、大食い予防にもなりますね。骨を丈夫に保つカルシウムは万年不足状態!骨や歯を丈夫に保つ栄養素といえば、カルシウム。一日に必要とされるカルシウムの推奨量は、600mg~800mgとされています。しかし、国民健康栄養調査によると、ほとんどの年代で必要摂取量を下回っているのが現状です。カルシウムは、牛乳や乳製品を始め、小魚、桜海老、豆腐や油揚げなどの大豆製品、ひじきやわかめ等の海藻類に多く含まれています。カルシウム不足は、摂取量が少ないということだけではなく吸収率が悪いことも原因であるといわれています。カルシウムを多く含む食品と一緒に吸収率をUPさせる栄養素を摂ることが大切なんですね。カルシウムの吸収率UPに欠かせないビタミン1) ビタミンDビタミンDは、全部で6種類存在していますが、重要なものはビタミンD2(エルゴカルシフェロール)とD3(コレカルシフェロール)の二つ。

ビタミンD2は、きのこ類(干ししいたけやしめじ等)の植物性食品、ビタミンD3は魚介類等の動物性食品(いわし、かつお、さんま、ぶり、鮭等)に多く含まれます。

きのこはどんな献立にも食応用が利くので、毎日取り入れたい食材ですね。きのこご飯にしらすや桜海老をアレンジ

女性の体調不良は、ホルモンバランスが原因?

JouleLifeヘルスコーチの山本奈津子です。「最近、疲れが取れない」、「体調が悪い」、「生理が不順になってきた」・・。体調不良に悩む女性の方々、それはもしかしたら女性ホルモンのバランスが崩れていることが原因かもしれません!女性ホルモンはバランスが大事!女性ホルモンは、エストロゲンとプロゲステロンの2種類があります。1) エストロゲン:月経の終わりから排卵期に多く分泌される幸せを感じるホルモンエストロゲンは、肌や髪の新陳代謝を促して女性らしい体を作ってくれるホルモンです。雑誌やメディアでも注目されることが多く、「エストロゲンが多いほど良い」といイメージを持っている女性が多いと思います。しかし、エストロゲンはメリットばかりでなく、分泌過多になると乳がんや子宮がん等のリスク因子にもなります。2) プロゲステロン:月経前や月経前半に多く分泌される不安を感じるホルモンプロゲステロンは、月経期の不調を引き起こす原因となるため、マイナスなイメージが先行していますが、妊娠のために必要不可欠なホルモンで、子宮内膜を充実させる働きがあります。また、乳がんや子宮がん等のリスク因子というエストロゲンのデメリットを抑制する働きをしてくれます。これら2種類のホルモンは、多く分泌されるタイミングが異なるため感情に影響を与えるものの、どちらか一方が多過ぎたり不足したりという状態ではなく相互にバランス良く分泌されることが大切なんです!ホルモンバランスを崩す要因

健康なネイルに欠かせない栄養素

JouleLifeヘルスコーチ、管理栄養士の山本奈津子です。今回はネイルの話です。ネイルと言ってもネイルアートや付け爪のことではなく、あなた本来の爪について。爪は栄養状態のバロメーター。割れやすかったり、白い線が気になったりしていませんか?このような爪は、日頃の栄養不足のサインですので、要注意です!代表的な爪の症状1) 匙状爪(さじじょうそう)別名・スプーンネイルともいわれ、文字通りスプーン(さじ)のように爪が反り返っている状態です。鉄不足による貧血、「鉄欠乏性貧血」によくみられる症状です。2) 爪の色が白っぽい 本来、健康的な爪の色はピンク色をしています。白っぽい色は、血流が滞っているサイン。スプーンネイル同様、貧血状態の方によくみられる症状です。3) 横筋が入っている縦筋の場合は、加齢によるものが多いです。しかし、横筋は、摩擦などの外的要因や、過度のダイエットや栄養不足、ストレス、睡眠不足などの生活習慣が原因であると考えられます。健康的な爪をつくる栄養素1) たんぱく質爪の主成分は、「ケラチン」と呼ばれるたんぱく質。ダイエット中や不規則な食生活をおくっている女性の多くは、たんぱく質不足になりがち。女性は、植物性たんぱく質の摂取には積極的ですが、動物性たんぱく質が圧倒的に不足しやすい傾向があります。綺麗な指先を楽しむためにも、肉や魚、卵等の動物性たんぱく質を「毎食こぶし一つ分」とれるよう、心がけましょう。